今すぐお金が必要なら

今すぐお金が必要なら審査と貸付スピードで業者を選ぶ

審査に時間がかかる業者を選んでいてはお金を借りるのに何日もかかってしまいます。

 

審査と貸付までの時間が短い業者を選びましょう。

 

 

モビット

モビット 新規申込プロモーション 郵送物を受けとりたくない方はモビットがおすすめ

竹中直人が出演しているCMを見たことある方も多いはず。

 

電話連絡・郵送物なし

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている方はWEB完結申し込みが可能。

 

やはり大手の有名どころがお金を借りる時には安心ですし、速いです。何より大きいのは来店不要で即日対応、即日融資も可能という点です(ただし申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合アリ)。土日祝日も対応してくれる会社がほとんどです。ここであげたプロミス、アコム、モビットは誰もが知ってる大手消費者金融なので騙される心配もないですね。

 

これらの大手消費者金融は、契約の申し込み〜審査の回答までを素早く丁寧に対応してくれますので、「今すぐ借りたい!」というこちらの要望にしっかり応えてくれます。契約の流れはどこも似ていて、銀行系カードローンに比べればパートやアルバイト(安定した収入がある場合に限る)、個人事業主の方でも融資を受けられる可能性は高いです。

 

審査の回答も早く、契約後に指定口座に即日振込、つまり当日中に現金を受け取れる場合もあります。来店も不要ですので今すぐ借りたいというお急ぎの方にうってつけですね。

 

 

カードローンの借り入れ・返済についての注意点

最近ではその利便性と手軽さから、多くの消費者金融がキャッシング(カードローン)式の貸し出しを行っています。カードローンの良いところは、事前に審査を行うことで債務者それぞれの返済能力に見合った利用限度額が設定され、その限度額内であればカードを使って何度でも借り入れができるというところです。一度申し込みすれば借り入れの度に審査を通る必要がなく、コンビニのATMなどからカードを使って手軽に借り入れができるので、非常に便利に現金の借り入れができるようになりました。

 

しかしこの利便性の反面、借り入れの手軽さと返済方式のトリックによって、ついつい借り入れが過ぎてしまうというリスクも増えてきました。

 

返済の方法に関して、各金融機関では残高に応じた最小返済額というものを設定しています。多くの業者では返済時の負担を軽くするために、月々の最小返済額を非常に低く設定する傾向にあります。これが返済方式のトリックと呼ばれるもので、月々の返済をしている間に新たに借り入れをすることでダルマ式に利息ばかりが増え、結果返済が全く進まないという事態に陥る原因にもなっています。

 

例として、ある債務者が30万円限度のカードローンを開始したとします。最初の月にレジャー費用として10万円の借り入れを行いました。次の月の返済は最小設定額の5000円とすると、まだ翌月以降には95,000円分の債務が繰り越されます。一方借り入れ可能限度額は返済された分が加わるため、20万5000円となります。翌月さらに5万円借り入れをして5000円の返済をしても、債務は14万円に増えますが、また16万円借りることができます。このように少しずつ返済をするつもりで借り入れを行っても、利息ばかりが増えて

 

一向に借金から抜け出すことができないというトリックにかかってしまう人が多いのが現実です。
カードローンによって手続きが簡素化しより便利に借り入れができるようになった一方、返済計画をご自身でよく考えなければいけなくなったため、債務者の自己管理能力がさらに重要になったと言えます。

 

注意したいカードローンの延滞

キャッシングは借り入れの際の手続きが非常に簡素でATMでお金を引き出すかのようにいつでもどこでも借り入れができる点が魅力です。万が一の備えとしても1枚作っておくと非常に便利なカードとも言えるでしょう。
カードローンを持っていれば借り入れ限度額の範囲であればどういった用途であっても、どんな頻度であっても借り入れを行うことができます。非常に便利に借り入れができるようになった一方で、多くの人が陥りがちな問題が借り入れの返済です。借り入れが便利になった一方で返済に関してはこれまでの借り入れと同様に、十分な返済計画が必須です。

 

カードローンの返済方法は複数あります。毎月口座からの自動引き落としで返済する方法、ネットから返済する方法、ATM、振込、店頭からの返済が選ぶことができます。

 

カードローン特有の返済に関する問題として、借り入れの負担が軽くなった代わりにうっかり返済の期日を忘れたり、返済に必要なお金が返済日に用意できていなかったりするケースが多くみられます。

 

返済が遅延するとどのようなことになるのでしょうか。

 

延滞があった場合、まず「遅延損害金」というペナルティが発生します。このペナルティが発生する度にさらにお金を多く払わなくてはいけない上に、遅延が起こる度に債務者自身の信用性が低くなっていきます。ローンはあくまで信用に基づいていますので、あまりに遅延の履歴が多いとその後の審査や借り入れにマイナスの影響がでてしまいます。

 

さらに延滞が長引いてしまった場合は督促のお知らせが来たり、自宅に電話で督促が来たりすることもあります。いずれにせよ、返済が滞ってしまった場合はすぐにローン先の金融機関に連絡をいれておくのが得策です。
うっかりと忘れてしまったがために悪いサプライズが来ないためにも、返済日はきちんと計画をもって把握しておくこと、どうしても忘れがちということであればメールで返済日をお知らせしてくれるサービスなどもありますので、便利につかってみると良いでしょう。