総量規制に注意

年収の3分の以上の借り入れをシたい時は

金融機関での借り入れをされたことのある人であれば、「総量規制」というのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

総量規制とは平成22年に施工された貸金業法上の規制で、金融機関での個人向け貸し付け可能限度額を年収の3分の1までとするとした規制です。これは、これまで各金融機関で融資可否の判断とされてきた審査に加えて、貸し出し可能額を年収の3分の1までと一律に規制することで債務者の借り過ぎを防ぎ、債務者を保護することを目的としたものです。

 

 

この規制によって、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1を超えてはできなくなりました。この借り入れ限度額とは、複数の金融業者から借り入れを行っている場合にはその借入額の合計が問題となりますので、ある業者で総量規制にひっかかってしまったからといって他の貸金業者に借り入れの申し込みをしても意味はありません。総量規制とは債務者個人々々の借り入れの総額を規制するものなのです。

 

では年収の3分の1を超える借り入れが全くできなくなったのかと言うと、実はそうではありません。この総量規制は貸金業法上の規制ですので、この法律の対象となる消費者金融、クレジットカード会社、信販会社などに対して規制を行うものです。つまり、貸銀業法の対象ではない金融機関、銀行、信用金庫、農協、労働金庫などといった業者からのローンについては規制の対象にならないのです。これらの金融機関は貸金業法ではなく銀行法が取り締まる金融機関ですので、こういった金融機関からであれば総量規制の範囲である年収の3分の1を超えても借り入れができるのです。

 

すでに多くの借り入れがあり総量規制の対象になってしまう債務者の方でも、銀行のカードローンであればこの規制にかかりません。また、銀行のカードローンの中には最短で即日融資を行っているところもありますので、急に借り入れが必要になったという場合にもこういった金融機関のローンを探してみることをおすすめします。